アレルギーに過敏なお子さんへの託児所の対応

卵や乳製品といった良く聞くアレルギーから、ナッツやゴマなどまで、色々な食材へのアレルギーがあります。離乳食を始める段階で新しい種類の食材は、一品目ずつ少しずつ、と大変な手間をかけて行うよう指導があるのは、アレルギー反応が起こらないかを見極めるために大切なものだからです。そうして食べていくうちに、じんましんがでたり、ひどいと呼吸困難などが起こり、親は子どものアレルギーに気づきます。でも、家では完全にアレルギーのある食材を排除したとしても、託児など、預け先で徹底してもらうには正しい理解がないと出来ないことです。お弁当は持参したとしても、周りで食べる子どもがこぼした食べ物を口にしてしまう事も子どもなのであります。なので、託児された施設の職員は徹底するならばテーブルも分ける、台拭きも分ける。床への食べこぼしもすぐに拭き取るなどして対処する必要があります。そして、万が一の事態に備えて、アレルギー反応が起きてしまった時の対処法もきちんと把握する必要があります。薬を塗れば治るのか、飲み薬を服用する必要があるのか。ひどい場合には血管注射が必要になります。命に関わる事なので、万が一に備えて対処法はいつも見える場所などに張り紙をするなどして欲しいものです。そして、食物アレルギーを持っている子どもは、ナッツなど、小さいうちは長々口にしない食べ物に反応を起こす場合もあるので、おやつなどで食べたもので聞いていたものと違う食材で反応を起こしてしまう事も頭に入れておいておくと素早く対応できます。また、離乳食を進めている段階の子どもを預かっている場合は、新しく食べられる食材が増えるたびに家庭と連絡をとり、安全に配慮した対応を取れるようにしておきましょう。