アレルギー治療薬で眠気が出る時の対策

アレルギーのくしゃみや鼻づまりなどの症状を抑えるために治療薬を使うと、眠気が出ることがあります。
アレルギー疾患の症状を抑えるための薬は、抗ヒスタミン薬と呼ばれています。ヒスタミンとは免疫システムの白血球が外部からの異物に反応して発生させる物質です。
ヒスタミンが出ると、くしゃみ、鼻水、かゆみ、などのアレルギーの症状が出てしまいます。抗ヒスタミン薬は、読んで字のごとくヒスタミンに対抗するための薬です。つまり、ヒスタミンの働きを抑えることでアレルギーの症状を抑えるということです。
しかし、ヒスタミンは意識をはっきりさせたり、脳の働きを向上させる、など眠くなるのを防ぐ作用もあります。そのヒスタミンの働きを抑えてしまうので、抗ヒスタミン薬を飲むと眠気が出てしまうのです。
これに対しての対策は、薬を替えることです。
抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代の薬があります。
第一世代は脳の中まで抗ヒスタミン薬の成分が入ってしまう薬でした。
それに対して、第二世代は抗ヒスタミン薬の成分が脳に行く量が少なくなっています。そのため、第二世代の薬のほうが眠くなりにくいのです。
ではなぜどちらの薬も出回っているかというと、副作用が強ければその分アレルギー症状を抑える効果が強いと誤解されてしまっているからです。そのために、第一世代の薬はまだシェアが大きいのです。
もし現在飲んでいる薬が第一世代のものであれば、第二世代の薬に替えると良いでしょう。
具体的な薬名がわからない時には、眠くならない薬を処方して欲しいということを伝えてみましょう。
第二世代の薬でも副作用が起きてしまう人は、アロマやツボ押しなどの民間療法を試して見るという手もあります。